面接対策をする

linkedin-sales-navigator-W3Jl3jREpDY-unsplash.jpg

今まで資格勉強中心で時間を捻出してたけど、これからは面接と職務経歴書を重視して時間を使うようにしようと思います。
せっかく面接まで行けても面接でこけたら時間の損失と精神的ダメージはかなりでかいです。
精神的ダメ―ジは志望度によるとは思いますが、その志望の動機すら思ったことをまともに言えないようじゃ相手に伝わらないし、
相手に自分を理解してもらう面接という場では志望動機を伝えるということは相手とコミュニケーションを図るための単なる第一ステップでしかないと思いました。
まずもってここでコケてしまうようじゃコミュニケーションは図れず巻き返しもできずに失格となるわけです。
志望した理由という芯があってそこに話を肉付けしていくわけです。
その中で自分が会社にできるであろうことや、会社に入ったらしたいことなどをジャブのように企業側に打ち込んで、
面接官の気を引いていくことで自分の印象をいい意味で与えていくというメソッドですね。

しかしながら、書類選考で落ちて、やっと面接にこぎつけたような中年オヤジが面接対策すらしないでどうにかなるなんてちゃんちゃらおかしかったわけです。それはもう面接してくれる企業に申し訳ないほどにです。

ですから、これからしばらくは書類選考に向けての対策と面接対策に意識を向けようと思います。
何事もPDCA(TEFCAS)(←最近好きな単語)ですな。

その中で資格試験の方も少しづつ続けていかないと忘れそうなので。


☟こんなブログもやってます。

THINK about THINGS

小説家になろうのオススメ作品紹介











この記事へのコメント

最近のトラックバック

QRコード